インバウンド カフェ

トピックス

« 山ノ内町で第2回インバウンドセミナーを開催 | トピックスに戻る

外国人旅行者受入調査結果を公開

全国の旅館・ホテルおよび観光協会などが対象

インバウンド受け入れに関する実態や今後の課題を明からにする

「外国人旅行者受け入れについての調査 調査結果レポート(要旨)」


 当協会インバウンドサポートチームは、2010年春に全国各地の宿泊施設(発送数3,000)および観光協会・旅館組合・その他団体(発送数270)にご協力いただき、外国人のお客様の受け入れの現状についてアンケート調査を実施し、まとめましたので、ここにご報告いたします。調査対象者は、宿泊施設および団体の運営責任者もしくは外国人旅行者受け入れ責任者。調査方法は、質問紙を用いた郵送による自記式調査。有効回答数:宿泊施設817(回収率27.2%)、団体84(同31.1%)。


なぜ今インバウンド(外国人旅行者の訪日誘致)なのか

日本の新たな経済成長の柱として、本格的な人口減少・高齢化社会の到来や地域格差の拡大など、日本が抱える多くの課題を解決し新たな経済成長を果たしていくために、日本政府はその新たな施策として国を挙げて「観光立国」の推進に取り組んでいます。その中でも柱となるのは「インバウンド(外国人旅行者の訪日誘致)」です。

では、なぜ、今、インバウンドが注目されているのでしょうか。

海外に目を向けることにより、日本の観光ビジネスにとって、全く新しい市場の可能性が見えてくるからです。日本の観光ビジネスにとって、縮小していく国内のパイの取り合いではない、新しい可能性が目の前に広がりつつあるのです。


アンケート集計・分析の概要

今回の調査は、全国の宿泊施設や団体における外国人旅行者の受け入れ状況や今後の課題、取り組み意向などについて、その実態を全国規模で明らかにすることを目的に実施したものです。

その結果、予約経路としては「直接予約」が飛び抜けて高い数値となり、インバウンド促進に向けて、外国語ホームページなど、自施設で直接予約を受ける仕組みの重要性が高まっている様子がうかがえました。

また、インバウンド未経験施設では言語をはじめさまざまな「不安」が高く上がりますが、しかし、実際に受け入れをされている宿泊施設では半数以上が「来訪後の大きなトラブルはない」と認識されており、「不安」の障壁を超えて実際にインバウンドを始めてみると多くの施設がトラブルなく進められているという結果になりました。

現状、実際に受け入れをされている宿泊施設において、自施設でのインバウンドビジネスがうまく行っていると回答するのは少数派であっても、その過半数は「今後も(インバウンドに)力を入れていきたい、増やしていきたい」と前向きに取り組む意欲があることが分かっています。


Qどのような経路から訪日外国人旅行者の予約受付を行っていますか。(外国人旅行者の受け入れがあった施設)


Q:訪日外国人旅行者を受け入れようとした場合に、不安だと思う点を教えてください。(外国人旅行者の受け入れがなかった施設)


Q:訪日外国人旅行者の宿泊者とのトラブルのうち、貴施設でよくあるものはどれですか。(外国人旅行者の受け入れがあった施設)



当協会では、こうした外国人旅行者受け入れの生の声や課題を基に、今後、インバウンドに関するサポート事業を展開していく予定です。



調査報告書(要旨)掲載項目

1.直近1年間(平成211月~12月)に訪日外国人旅行者の宿泊はありましたか。

2.平成21年の年間での外国人旅行者の総宿泊人数をお知らせください。(外国人旅行者の受け入れがあった施設)

    訪日外国人旅行者宿泊客数が全宿泊客数(日本人を含む)に占める割合はどの程度ですか。

    訪日外国人旅行者の宿泊客で、個人旅行と団体旅行の人数の全宿泊者に(日本人を含む)に占める割合はどの程度ですか。

    出身国・地域の中で、多かった国・地域を教えてください。

3.どのような経路から訪日外国人旅行者の予約受付を行っていますか。(外国人旅行者の受け入れがあった施設)

4.訪日外国人旅行者の受入促進のために、提携や協力をしている団体・企業にはどのようなものがありますか。(外国人旅行者の受け入れがあった団体)

5.以下の館内設備やサービスで、「外国人向けに提供しているもの」、およびその中で「外国人に行ってみてよかったもの」を教えてください。(施設)

    設備やサービスで、「訪日外国人旅行者受け入れのために実施しているもの」、およびその中で「外国人に行ってみてよかったもの」を教えてください。(団体)

6.訪日外国人旅行者の集客のために行っていることは何ですか。

7.訪日外国人旅行者を受け入れようとした場合に、不安だと思う点をすべて教えてください。(外国人旅行者の受け入れがなかった施設)

8.訪日外国人旅行者の宿泊客とのトラブルのうち、よくあるものはどれですか。(外国人旅行者の受け入れがあった施設)

9.訪日外国人旅行者の宿泊客の受け入れにおいて、特別に配慮されていることは何ですか。(外国人旅行者の受け入れがあった施設)

10.訪日外国人旅行者の宿泊客向けのビジネスについて、うまく行っているというご認識をお持ちですか。(施設、団体)

11.訪日外国人旅行者受け入れに対して、現在、課題だと思われていることは何ですか。(施設、団体)

12.今後、訪日外国人旅行者の宿泊客獲得に力を入れていこうと思われますか。(施設、団体)

13.今後、訪日外国人旅行者の宿泊客を受け入れるために獲得に力を入れていること。(施設、団体)



レポートの閲覧

こちらからご覧いただけます。




会員について

Powerd by Google

リンク


サイト運営

一般社団法人 国際交流サービス協会
〒100-0013
東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省庁舎第一別館内

インバウンドサポートチーム

TEL 03-3580-0072