インバウンド カフェ

インバウンドツアー事例

« 駐日各国大使の愛媛県今治市視察事業を支援 | インバウンドツアー事例に戻る | 駐日各国大使館員蒔絵ワークショップ »

駐日各国大使館員サムライ剣舞

駐日各国大使館員およびEU「サムライ剣舞を楽しむ」


平成28年6月12日(日)、国際交流サービス協会は、最近テレビや雑誌等で取り上げられ、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の「外国人に人気の日本の観光スポットランキング2016」5位の「サムライ剣舞シアター」を京都から東京に招き、駐日の各国大使・外交官・家族等37名(13カ国+EU)に、刀や扇で舞う日本の伝統芸能をご堪能いただきました。


中央の女性が鉤逢賀(まがりおうが)代表


まず初めに、流暢な英語を話すサムライ剣舞シアターの鉤逢賀代表より剣舞とサムライについての説明を聞きました。

続いて迫力満点の刀や扇を使った華麗な舞に、参加者は目が釘付けになっていました。各演舞の合間には、扇の扱いに関する解説が行われ、命の儚(はかな)さの象徴である桜の花びらが散る様子や、盃を受けて酒を飲む所作、番外編として落語で用いられるようなソバをすする見立てなど、ところどころユーモアを交えた解説に笑い声も聞こえました。




伝統的な剣舞の演舞の後、クライマックスの創作演目では一対一の殺陣も披露されました。目の前で繰り広げられる、斬るか斬られるかの真剣勝負に、固唾を呑みながら見つめる方や写真を撮る方がたくさんいました。

体験コーナーでは、数名の方に前に出てきてもらい、日本刀(模擬刀)を直接手に取り、師範から抜き方・斬り方等の型を教わる等、サムライ気分を味わっていただきました。


日本刀(模擬刀)を使ったサムライ体験に笑顔溢れる参加者たち


最後、師範たちと記念撮影を楽しむ参加者の多さに、サムライ人気は不変であると確信した1日でした。


サムライ剣舞シアター

〒160-0022 京都市東山区三町目35-7 ネオアートビルBF(三条花見小路東入ル)

TEL:075-751-2033

http://www.samurai-kembu.co.jp/(日本語)

http://www.samurai-kembu.jp/(英語)



[上に戻る]


会員について

Powerd by Google

リンク


サイト運営

一般社団法人 国際交流サービス協会
〒100-0013
東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省庁舎第一別館内

インバウンドサポートチーム

TEL 03-3580-0072