インバウンド カフェ

会員規約

会員規約について

会員規約
一般社団法人国際交流サービス協会(以下「当協会」といいます。)は、インバウンドカフェ会員サービスの利用に関し、以下のとおり会員規約を定めます。

インバウンドカフェ会員サービス 会員規約本則
第1条(定義)
 インバウンドカフェ会員サービス会員規約本則(以下「本則」といいます)における用語を下記のとおり定義します。

1. インバウンドカフェ会員サービス(以下「当サービス」といいます。)とは、当協会が提供する各種インターネットサービスをいいます。

2.「会員」とは、当協会が定める手続きに従い、当サービスの全部または一部を利用する資格を持つ個人または法人をいいます。
3.「個別規定」とは、当サービスの利用に関して、当協会が別途定める規定をいいます。なお、個別規定には、当協会が随時通知またはホームページ上に掲示する内容を含むものとします。

4.「本規約」とは本則および個別規定を総称していいます。

5.「ID等」とは、当協会が会員に貸与するユーザーID、会員自身の設定するパスワード、その他当サービスを利用するために当協会が会員に対して付与する記号または番号をいいます。

6.「会員情報」とは、当サービスに関連して会員が当協会に対して提供する氏名、住所等の会員を認識または特定できる情報をいいます。

7.「履歴情報」とは、当協会に記録される会員による当サービスの利用履歴をいいます。


第2条(本規約の適用および変更)
1.本則は、当サービスすべての利用に関し適用されるものとします。
2.当サービスに関し、本則に定める内容と個別規定で定める内容が異なる場合には、別途当協会が明示的に定める場合を除き、個別規定に定める内容が優先して適用されるものとします。
3.当協会は、当協会が適当と判断する方法で会員に通知することにより、本規約を変更できるものとします。ただし、本規約の変更内容の詳細については、当協会のホームページ上に掲示することにより、会員への通知に代えることができるものとします。その場合、通知の日から起算して8日以内に、会員が本則第4条に従って当サービス利用の終了を申し入れない場合、会員によってかかる変更は承認されたものとみなします。


第3条(入会)
1.当サービスの利用希望者は、本規約を承認した上で、当協会が別途指定する手続に従って当サービスの利用を申し込むものとし、当協会がこれを承諾し、当該手続が完了した時点で当サービスの利用契約が成立して利用資格を得、会員となるものとします。

2.本条第1項に定める申し込みについて、利用希望者が以下のいずれかに該当することを当協会が確認した場合、当協会はその申し込みを承諾しない場合があり、利用申込者はあらかじめこれを了承するものとします。

1. 利用申し込みに当たり、虚偽に記載、誤記があった場合

2. 過去に、当サービスの利用資格の停止または失効を受けた場合

3. 過去に、当サービスの利用に際し、料金の未納、滞納をした場合

4. その他、業務の遂行上または技術上支障を来たすと、当協会が判断した場合


第4条(退会)
1.会員は、当協会が別途定める手続に従い、当サービスの利用を終了することができるものとします。会員は退会時、当協会に対し支払った会費等の返還を請求できないものとします。


第5条(更新)
1.当サービスの会員資格の有効期間は利用資格取得後1年とし、会員が希望する場合は1年ごとに更新することができるものとします。

2.会員は、当サービスの更新に当たって、別途当協会が定める使用料等の料金を、別途当協会の定める方法により支払うものとします。

3.当協会は、当協会が適当と判断する方法で会員に事前に通知することにより、前項に定める料金およびその支払い方法を変更することができるものとします。ただし、料金およびその支払方法の変更の詳細については、当協会の ホームページ上に掲示することにより、会員への通知に代えることができるものとします。その場合、料金およびその支払方法の変更に関する通知の日から起算して8日以内に、会員が本則第4条に従って当サービス利用の終了を申し入れない場合、会員によってかかる変更は承認されたものとみなします。


第6条(当サービス利用資格の停止および失効)
1.以下の各号の一に該当する場合、当協会は、事前に通知することなく、直ちに該当する会員の当サービス利用資格の全部もしくは一部を停止するまたは失効させることができるものとします。

1. 会員または利用者が第9条各号に定める禁止行為を行った場合。

2. 会員により、当サービスに関する料金等の支払債務の履行遅延または不履行があった場合。

3. その他、会員もしくは利用者が本則または該当する個別規定に違反した場合。

4. 会員が清算された場合、その他会員が権利能力を失った場合。

5. その他、会員として不適切または当サービスの提供に支障があると当協会が判断した場合。

2.前項の規定に従いいずれかの当サービスの利用資格が停止または失効した場合、該当する会員は、期限の利益を失い、かかる利用資格の停止または失効の日までに発生した当サービスに関連する当協会に対する債務の全額を、当協会の指示する方法で一括して支払うものとします。

3.当協会は、会員の当サービス利用資格が停止、失効または終了した場合であっても、会員によって既に支払われた当サービスに関する料金等を、一切払戻す義務を負わないものとします。


第7条(設備等の準備)
1.会員は、通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器の準備、設置、接続および設定、回線利用契約の締結ならびにアクセスポイントへの接続、インターネット接続サービスへの加入、その他自己の利用する当サービスを利用するために必要な準備を、自己の費用と責任において行うものとします。

2.当協会は、会員または利用者が当サービスを利用するにあたり使用する通信機器、ソフトウェアおよびこれらに付随して必要となるすべての機器との互換性を確保するために、当協会の管理する設備、システムもしくはソフトウェアを改造、変更または追加したり、当サービスの提供方法を変更する義務を負わないものとします。


第8条(著作権)
1.当サービスおよびそれに付随するサービスに関する著作権は、当協会が保有するものとします。
2.当サービスおよびそれに付随するサービスの内容を、他者へ転送や他のホームページへ転載・流用することを一切禁止します。そのことにつき会員は承諾するものとします。


第9条(禁止事項)

会員は、当サービスの利用に当たって以下の行為を行ってはならないものとします。

1. 公序良俗に反する行為
2.
犯罪的行為に結びつく行為
3.
他の会員または第三者の著作権の権利を侵害する行為
4.
他の会員または第三者の財産、プライバシーを侵害する行為
5.
当協会が有する著作権を侵害する行為
6.
他の会員または第三者に不利益を与える行為および誹謗中傷する行為
7.
当サービスおよび当協会の信用を毀損する行為
8.
当サービスの運営を妨げる行為
9.
その他1から8に準じる行為

第10条(ID等の管理)

1.会員は、ID等の管理責任を負うものとします。

2.会員は、ID等を利用者以外の第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買等をしてはならないものとします。

4.会員によるID等の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害は会員が負担するものとし、当協会は一切責任を負わないものとします。

5.会員は、ID等の失念があった場合、またはID等が第三者(利用者を除く)に使用されていることが判明した場合、直ちに当協会にその旨を連絡するとともに、当協会からの指示がある場合にはこれに従うものとします。


第11条(当サービスの提供)

1.当サービスは、本規約に従って提供されるものとします。

2.当協会は、理由のいかんを問わず、会員に事前の通知をすることなく、当サービスの全部または一部の変更、追加および廃止ができるものとします。ただし、本規約の変更を伴う当サービスの内容の変更、追加および削除を行う場合には、当協会のホームページ上に掲示することにより、会員への通知に代えることができるものとします。


第12条(当サービスの提供の中断)

1.天災、地変、その他の非常事態が発生し、または発生する恐れがある場合、当協会の管理する設備もしくはシステムの保守を定期的にまたは緊急に行う場合、あるいは当協会の管理する設備またはシステムの障害その他やむを得ない事由が生じた場合、当協会は、自らの判断により会員および利用者に対する当サービスの提供の全部または一部を中断することができるものとします。

2.前項に定める当サービスの提供の全部または一部の中断が、災害の予防または救援、交通、通信もしくは電力の供給の確保等に関する通信を優先的に取扱うために行われた場合、法令または管轄官公庁の求めるところに従って行われた場合、その他当協会の責めに帰すべからざる事由により行われた場合、当協会はかかる当サービスの提供の中断によって生じた会員の損害につき一切責任を負わないものとします。

3.当協会は、本条第1項の規定により当サービスの提供を中断する場合、当協会が適当と判断する方法で事前に会員にその旨を通知または当協会のホームページ上に掲示するものとします。 ただし、かかる当サービスの提供の中断が緊急に必要な場合、またはやむを得ない事情により通知できない場合には、この限りではないものとします。


第13条(会員情報の取扱い)

1.会員は、第3条(入会)の諸手続きにおいて、当協会からの会員情報の提供の要請に応じて、正確な会員情報を当協会に提供するものとします。

2.会員が既に当協会に届け出ている会員情報に変更が生じた場合、会員は、当協会が別途指示する方法により、速やかに当協会に対してかかる変更を届出るものとします。

3.当協会は、会員情報および履歴情報を、善良なる管理者としての注意を払って管理いたします。

4.会員は、当協会が会員情報および履歴情報を、当サービスを提供する目的の他に、以下の各号に定める目的に利用し、または第三者に提供することがあることに同意するものとします。

1. 当協会が会員または利用者に対し、当サービスの追加または変更のご案内、または緊急連絡の目的で、電子メールや郵便等で通知する場合、または電話等により連絡する場合。

2. 当協会または当協会の提携先等第三者の提供するサービスや商品に関する広告宣伝またはその他の案内を、電子メールもしくは郵便等で通知する場合、または電話等により連絡する場合、もしくは会員がアクセスした当協会のホームページに表示する場合。

3. 当協会が、当サービスに関する利用動向を把握する目的で、会員情報の統計分析を行い、個人を識別できない形式に加工して、利用または提供する場合。

4. 法的な義務を伴う開示要求へ対応する場合。

5. 会員または利用者から事前に同意を得た場合。

5.前項 (1)号の規定にもかかわらず、会員は、会員情報および履歴情報を利用しての当協会からの情報の提供や問い合わせの受領を希望しない場合には、当協会に対してその旨請求できるものとし、当協会はかかる会員の請求に応えるように努めるものとします。ただし、かかる当協会からの情報の提供や問い合わせが、会員に対する当サービスの提供に関連して必要な場合には、この限りではないものとします。

6.会員は、会員情報を照会または変更することを希望する場合には、別途当協会が定める手続きに従ってかかる照会または変更を請求できるものとします


第14条(免責)

1.当協会は、当サービスの内容、ならびに会員および利用者が当サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等につき、いかなる保証も行わないものとします。

2.当サービスの提供、遅滞、変更、中止もしくは廃止、当サービスを通じて登録、提供もしくは収集された会員および利用者の情報の消失、その他当サービスに関連して発生した会員の損害について、当協会は本規約にて明示的に定める以外一切責任を負わないものとします。

3.会員または当協会以外の第三者の責に帰すべき事由によって、会員が当サービスの全部または一部を利用できないことにつき、当協会は一切の責任を負いません。


第15条(譲渡)

会員は、会員たる地位ならびに本規約上会員が有する権利および義務を当協会の事前の同意を得ることなく第三者に譲渡してはならないものとします。なお、婚姻その他法令により氏名の変更が認められている場合を除き、 会員が、当協会に登録した自らの氏名を変更することはできないものとします。


第16条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。

第17条(専属的合意管轄裁判所)
会員および当協会は、両者の間で本規約につき訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


付則

この規約は201091日から実施します。


会員について

Powerd by Google

リンク


サイト運営

一般社団法人 国際交流サービス協会
〒100-0013
東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省庁舎第一別館内

インバウンドサポートチーム

TEL 03-3580-0072